末っ子福ちゃん

2021年09月19日 14:00
カテゴリ:保護猫

我が家の末っ子、一歳のサビ猫の女の子福ちゃん。昨年7月に保護。サビ猫は日本ではあまりメジャーで無いが海外では印象が違うみたいだ。英語でtortoiseshell cat (トーティシェル キャット)と言いべっ甲模様という意味がある。べっ甲柄猫と言われると美しく優美な印象になる。アイルランドやスコットランドでは幸運を運んでくる猫と言われている。いずれにしても、昨年の夏この子に一目惚れしたのです。名前にしばらく迷って結局福ちゃんと命名した。キジ白のお姉ちゃんがあいちゃんなので響きや語感、何よりその雰囲気で決定した。福ちゃんは河川沿いで大型工事車両が行き交う危険な場所にいるところを地域のボランティアさま「野良猫を増やさない会 ざまねこ」さんにより保護された経過がある。小さないのちを丁寧に繋いで頂きました。

今日のお供はその福ちゃん。
いつもはミルクティが僕の側にいるので少し離れた場所にいるかあいちゃんと遊んでいるのだが、今日はあいちゃんはお昼寝中、ミルクティも違う場所でお昼寝しているので近くに来てくれた。久しぶりにフィルムカメラを出していたらゴロゴロ喉笛を鳴らしながら可愛く転がってみたり沢山サービスしてくれた。表情がくるくる変わり仔猫らしさがまだまだ残っている。癒しの時間をありがとう。

小さな体いっぱいに福を運んで来てくれた優しい子。どの子とも仲良くできる聡明な子。僕達には慣れているが、他の人に慣れていなくてピンポンが鳴るとダッシュで2階の自分のベッドに駆け上がる。少しスリムなので沢山食べて大きくなって。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)